01_24_karibauer
カリバウアーのライトと自作カリバウアーを使った時の感想をお話しします。

使って分かった効果は、本当に「包茎の改善」傾向がみられたことです。

ただし、デメリットもあります。

それは、衛生面と費用面です。

これらについて、詳しく説明をしていきたいと思います。

カリバウアーの体験談

3ヶ月使うと、包茎の改善兆候が見られました。

実は、付け始めて2週間で兆候がありました。

ただし、2週間程度使うと色々とデメリットやネットの情報とは違う部分も見えてきました。

その内容をこれから説明をしてきます。

使い方

使い方は、非常にシンプルです。

亀頭を包皮から剥いた状態でカリバウアーをカリの部分(亀頭と包皮の間)に装着する。

両端が磁石なので、簡単に付けることができます。

ずれてたり、磁石が外れて落ちたりしないか心配だと思いますが、太さを調整することでずれたり、落ちたりはしません。

調整方法は、購入したら付いている説明書に記載されているので割愛します。

(磁石部分を外して、余分なチューブ部分を切り取って、磁石部分を再度付けるだけです)

実践編

ネットでは、1日中、不便なく付けることができるとありますが、あれは嘘です。

小便をしている時、横に人が来たときをイメージしてください。

ペニスが見えますよね。

隣の人の亀頭付近に、カリバウアーが付いていたら、ビックリしますよね。

私は、なるべく長い間付けたかったので、不便ですが、大便器でおしっこをしていました。

あと、寝ている時に着けることもできませんでした。

寝癖なのか朝立ちが原因なのか、起きるとカリバウアーが外れていることが何度かありました。

ですので、1日中付けておくことは難しいです。

洗い方

付けていると当然、汚れて不衛生になるので洗う必要があります。

洗い方は、水で洗うだけ。

注意点としては、磁石部分がチューブの入り口になるので、そこに水が入らないようにするぐらいです。

気が向けばハンドソープで洗ったりもしていました。

臭いやチューブ部分の劣化等はありませんでした。

自作

自作する方法をお伝えします。

百均で金魚のブクブクに使うチューブより太めのホースを購入しました。

そのホースに入れられる磁石をホームセンターで購入しました。

ホースに磁石を入れるだけで完成です。

費用は1000円もしません。

ただし、よく外れました。

磁力も弱いですし、ホースの形状が丸ではないのでよく外れます。

付いたとしても、皮が亀頭側に向かってカリバウアーを動かすので、自作カリバウアーが外れました。

本物のカリバウアーは、歩いても外れないし、付けていても痛みや締め付け感がない。

同じようなチューブや磁石の入手が難しいと思うので、高いですがカリバウアーを購入する方が無難です。

包茎は治ったのか

結論としては、治りかけです。

カリバウアーを使う前は、常に包皮が亀頭にかぶった状態でした。

でも、3ヶ月使ったら、向けた状態がキープできてる時があります。

ですので、改善してきているとは思うけど、完全には包茎を改善できたわけではありません。

ちなみに色々なシリーズが出ていますが、私はシンプルに「ライト」を購入しました。

ネオジムマグネットが多く入っていたり、重さが増していたりと色々なシリーズがあります。

でも、包皮にまき癖を付けることを目的と考えた場合、あんまり意味がないのではないかと思います。

効果がある理由

これは完全に自分の憶測です。

なんの根拠もないので、ご注意ください。

女性が付ける「アイプチ」って知ってますか。

アイプチをマブタに着けて、ヒトエをフタエにする化粧品です。

アイプチを続けることでフタエになった人が多くいるのを知りませんか。

マブタにくせがついて、自然なフタエになるんです。

これと同じで、包皮にもクセが付いて、包茎が改善されるのだと思います。

効果がある人とない人

カントン包茎の場合は使っても効果がないと思います。

カントン包茎の場合は、包皮が剥ける剥けないの問題ではないので。

真性包茎や仮性包茎の場合は、カリバウアーを使ってみる価値はあります。

まとめ

包茎手術を受けるぐらいなら、カリバウアーから始めたら良いと思います。

ちなみに自分は、カリバウアーで改善しなかっても手術をするつもりはありませんでした。

手術は相当リスクが高いですからね。

手術と比べるとカリバウアーはリスクや費用も抑えられます。

何よりも、恥ずかしい思いもしないのもポイントです。

カリバウアーを使ってから、人前で裸になる恥ずかしさが少し減ったのは事実です。

どうしようかなぁって考えているぐらいなら、試してみる価値はあると思います。

何にもしなかったら、ずっと包茎のままですからね。

あと、色々な種類がありますが、私の体感では、ライトで十分です。